アホエンオイルの効果と作り方



アホエンオイルの活用法

 

5.アホエンオイルの活用法
アホエンオイルの保存は冷暗所で賞味期限は1ヶ月 程度です。1 日の摂取量は小さじ 1~2杯ということで、 料理の仕上げやドレッシング オイルとして使用するのが一般的ですが、活用方法をまとめてみますと、出来上がった炒めもの、焼きもの、煮ものなどの料理にかける、パンにつけてバターの代わりにする、野菜サラダや野菜スティックにつける、スパゲティ、焼きそばにかけて混ぜる、餃子のタレや焼肉のタレに混ぜる、などとなります。

 

おいしいマリネの作り方を参考に説明しておきましょう。材料は、まずアホエンオイル小さじ2杯、お酢小さじ2杯、塩小さじ1/2杯、コショウ少々、砂糖小さじ1/2杯をマリネソースとして混ぜておきます。

 

具材2人分では、玉ねぎ1個、きゅうり1本、ニンジン1本、ハム6枚として、野菜類はうすくスライスして、他は適当な大きさに切り、前述のマリネソースをかけて冷蔵庫で2時間冷やせば完成です。

 

他では納豆にかけて食べるのもお勧めで、これは血栓を溶かすという相乗効果が期待できます。又、アホエンオイルは、ケチャップと共に使うのも効果的とされており、トマトとオリーブオイルの相性についても、ケチャップの専門メーカーであるカゴのホームページなどで紹介されています。

 

そういえば、イタリア料理でパスタや炒めもの料理を作る時に、オリーブオイルとニンニクを入れますが、これはアホエンの効果を引き出す昔からの知恵でもあったのかもしれませんね。